すべてをつなぐ

Flareは、分散型相互運用のためのシンプルで首尾一貫したスタックを開発者に提供する新しいブロックチェーンです。

続きを読む

単一のデプロイメントで複数のエコシステムを構築

Flare上、あるいはFlareを利用して相互運用可能なDappsを構築し、複数のチェーンの価値、情報、流動性にトラストレスにアクセスできるようにします。

続きを読む

ビルド開始

Flareの開発者フレンドリーな業界標準のEVMにより、既存のEVMツールやSolidityを利用して、Flare上で既存のEVMダップや想定されるEVMダップを起動することができます。

続きを読む

ステート・コネクター堅牢な相互運用性

State Connectorは、外部のブロックチェーンデータを取得することを目的に作られた、初のコンセンサスプロトコルです。これにより、他のチェーンからの情報を安全かつ信頼性をもってFlare上で使用することができます。

続きを読む

Flare 時系列オラクル。分散型価格

中央集権的なプロバイダー群に依存することなく、時系列データを取得する。FTSOはネットワーク構造を利用して、Flare上のアプリケーションに信頼性の高い分散型データを提供します。

続きを読む

FAssets(ファセット)。トークンがない場合のスマートコントラクト

FAssetsは、Flare上の非スマートコントラクト資産の信頼できる複製で、BTC、DOGE、XRPなどの資産にスマートコントラクト機能をもたらし、分散型経済におけるその価値を解き放つものです。

続きを読む

レイヤーケーキ高速、無信頼、マルチラテラル、保険付きブリッジング

Layer Cakeは、スマートコントラクトネットワーク間のブリッジングのセキュリティ、スピード、スケーラビリティを大幅に向上させ、既存のアプローチの核となる脆弱性に対処し、主権ゾーンを超えるリスクを処理します。

続きを読む

Flareロールアウトのプロセス

Flareの発端は2022年7月14日。ネットワークは現在、バリデーターがオンボードされる間、オブザベーションモードにある。このプロセスが完了すると、トークン配布イベントを行うことができる。

続きを読む